noteでIPアドレスが確認できていた話題2



note.com

 

誰が書き込みをしたのかを含め、
事実ではないことを事実のように拡散している方々についての精査は
私一人では負いきれません。
note株式会社様からもご連絡を頂き、note株式会社様の弁護士の方を交えてお話させて頂いたところ協力して頂けるというお返事を頂きました

 

b.hatena.ne.jp

 

 

お世話になっております。|楠 栞桜|note

noteが変な釈明してんのも有名人のためか。評価下げる行動やな

2020/08/15 00:18

b.hatena.ne.jp

 

あー。そういう話??

なるほど。

しかしこれは、、、ないね。

まじで??

いやいやいや、判断力やばくないか。

note所属の人なのか。そんな所属ないか。

ひとりのvtuberの風評のために社を犠牲にした?

もしかして、、、美談???

 

いやわけわかんね。

 

掲示板の誹謗中傷については別に普通の手続きをして開示請求すれば良いだけの話なのでは。いやでも、開示されたとしてその時のIP自分なんでしょ。

その時のがまさにそうなのか、そこまでは知らないけど。

いやいや、そもそも5chの書き込みIPは出てるのか。

IDとかある?わからん。まじで使ったことないからな。

ともかくじゃあ、開示というよりは追跡調査依頼みたいな話だろうな。

いや・・・まあこの件は知らないし興味もないが、追跡すればわかるのかなあ。

いずれにせよ然るべき手続きをすれば然るべきものが調べ、何かしらの事実はでるであろう。

モヤっとした話をしているが、そりゃそうでしょう。

note側と5ch側とそれぞれのログインタイミングがあり、IPの履歴があり、あと家のルーターに対するグローバルIPの割り当ての履歴とか、なんかそういうの見ればわかるだろ。知らんけど。

それかここまでは追跡できましたけど後わからんとか。

ログがあればわかるだろうし、なければわからんし。

個人の話はどうでもいいか。

 

news.yahoo.co.jp

ISPが開示請求に応じて発信者を開示する場合、単にIPアドレスだけを見ているのではなく、アクセス時刻と接続先サイトをログと付き合わせることで接続元を特定しています。従ってIPアドレスと接続時刻が一致しただけでは、同一人物からのアクセスと断定できるとは限りません。

 

まあ、そらそうか。

たぶんほとんどが、そういうのわかった上で話しているんだと思いますけどね。

つまりこういうのはあくまで見えている情報や内容から考えられる可能性や確率の話だよね。

 

 

インターネットのIPv4アドレスは2011年に枯渇し、その後も利用者が増え続けたISPではCGNAT等の技術を用いることで数百人の利用者が同じIPアドレスを共用しています。また携帯電話・スマートフォンからは以前から、キャリアのゲートウェイ経由でWebサイトにアクセスしていました。

 

へえー。

じゃあ結構かぶるんだ。

 

有名人がnoteに投稿したIPアドレスと、匿名掲示板に書き込んだIPアドレスが一致したからといって同一人物による書き込みとは限らないのです。IPアドレスの一致する書き込みを見つけたからといって、それを同一人物による書き込みではないかと騒ぎ立てることは、名誉毀損に当たる場合があるので気をつけましょう。

 

はい。

でも、これIPいっしょだよねーもしかして、ていうだけで名誉毀損っていうのも変な話だな。別に可能性について話すことを禁じることはできないでしょうし。

まあいい方の話なんだろうね、結局は。

誹謗中傷とか名誉毀損ってのはしょせん主観的な話なんだよ。

同じ言葉でも文脈や発言者との関係性、あるいはタイミング、さらに人によって受ける感覚は異なる。

本人が「私は傷ついた!」っていってるのに、いやそれはあり得ないというのもおかしな話。 

もちろん明確なデマ、例えば私が実はレイプ魔の前科者だと(もちろん違う)、そんな情報をネットで流されればそれは誹謗中傷にあたるので訴えるが、じゃあネット上の発信者情報のひとつであるIPやその時刻の一致から匿名の書き込みの人物を推測する発言自体が明確なデマに当たるのかというと、それはわからないな。単純にひとつの仮説として、真実である可能性ももちろんあるよね。じゃあどのみち事実次第で変わる話なのか。ああ、じゃあこれも結局言い方の話かもしれない。可能性の話と明示しているかどうか? わからんな。もう考えるのをやめたくなってきた。

 

 

運営元のお詫びの文言を巡ってIPアドレスが個人に当たるかどうかが議論されています。Yahoo!ニュース個人の記事でも、IPアドレスは個人情報に当たらないという解説が出ていますが誤解があるようです。IPアドレス単体は日本法において必ずしも個人情報には該当しませんが、今回noteから漏洩したIPアドレスがnoteが持っている他の個人情報(氏名やクレジットカード番号など)とデータベース上で紐付いて容易に照合できる場合、noteを運営するnote株式会社にとっては保有個人データに該当します。IPアドレスから実際のところ容易に個人を特定できるか否かに関わらず、その事実関係及び再発防止策等について、個人情報保護委員会に対し、速やかに報告するよう努めることとされています。

漏洩したデータが個人情報取扱事業者にとって個人情報に当たるか否かは、そのデータ単体の性質だけでなく、データベース上で他のどのようなデータと紐付いているかが影響するので注意を要するところです。

 

なるほど。

勉強になりました。 

 

 

んー。でもnoteはちょっとないな。

事象に対する判断力が致命的におかしい。

予測不能な不安定感というか。

やっぱ、はてなでしょ。はてなブログ最高ですね。

それも白々しいか。

少なくとも技術とか企業への信頼度は高いよ。

堅実な感じ。

まあ殺人事件あったけどね。

いや人死んでるじゃねえか。

 

でも自社サービスが情報漏洩してましたって謝罪文の第一報に、具体的事案の火消し訴訟ムーブを折り込むっていうのは、、相当おかしい気はするな。

森全体が燃えてるのに鉈で木の枝を切りだした人みたいな錯乱状態?

よくわからんけど。

お盆のせいかも。

いずれにせよ、なるべく利用すべきじゃないリスクの高そうなサービスとしての株を急激にあげたな。

 

 

 

まあ、お盆だから・・・

最大限のフォロー。

あと以前にも書きましたが、noteはアプリで音源がさっと取れる。

これは素晴らしいよ、ほんと。じゃあ使えよって。

どのみち人に聴かせるほどのものじゃないし、無駄にIPばれるからもういいです。

 

 

しかし最近の火消し訴訟ムーブ。

どう判断して良いものか悩む。

 

このブログも訴えられてしまうこともあるかもしれない。

ツイッター拡散罪。

その辺はある程度、野生の勘でしょうね。

そもそも話。

ツイッターのRTじゃなくても、世に出ている情報が完全に正確かの裏を常に取ってから発信するなんてことは、どんなメディアであれ個人であれ不可能だよね。

それでいうまでもないことですが、社会的な事象に対して意見をのべること自体は人間の権利として保証されていて自由なので、今回は自分に都合が悪いから誹謗中傷だとか、その結論は私に取って不利益だから誹謗中傷だとか、あるいはそれを肯定否定疑問考察に引用したとしてその行為自体が拡散にあたるから誹謗中傷に加担したなどという論理は、そう簡単には認められないですよ。ここは中国じゃないんだから。

その意味では、ツイッターのRTやいいね(も〇〇さんがいいねしました、で拡散される)は単体として独立して機能してしまうので、だからこそここまで広まったわけだが、ここ最近非常にリスクの高い仕様になりつつあるな。

 

note on Twitter: "@Sio_Kusunoki @Sio_Kusunoki このたびは、noteサービスでご迷惑をお掛けいたしました。IPアドレスが外部から確認できてしまう不具合に関する、楠さまへの誹謗中傷につきましては、弊社の弁護士を交えて協力させていただく予定です。"

テラスハウス案件以来、「誹謗中傷」が自分を正義ポジションにおくマジックワードの一つになってしまったな。

2020/08/15 07:23

b.hatena.ne.jp

 

 

 

news.yahoo.co.jp