ツイッターのこつの話題



anond.hatelabo.jp

 

いわゆるクソリプとかがきてストレス溜まるのを防ぐコツ。

・意見を書かない

・良い悪いを書かない

・評価が分かれることを書かない

 

 

ツイッターで快適に過ごす簡単なコツ

ギャンブルをやらないのが一番儲かる案件

2020/09/29 12:22

b.hatena.ne.jp

 

最初読んだときには、この意見にほんとそうだよなと思った。

 

ツイッターの問いかけは「なにしてる?」であって、「どう思う?」ではないのだ。

 

しかし、時間がたつにつれこの一文、なにか心にかかるものがあるな。

 

どれだけフォロワーがいようがツイッターで上手いこという人を基本的には信用していない。

誰かがいっていたが、何かを真剣に訴えるには言葉を尽くすべきだ。

概ね同意する。

ツイッター芸人の心に響く技法を駆使した上手いつぶやきなんて全く見たくない。

そしてなにかを考えたりましてや議論するにはあまりにも不向き。

かといって自分の活動を宣伝するような場にもなり得ないんだよな。

まあ私の場合だけど。

使い道がない。

どうも人はコンテンツのプラットフォームから外に出るのを嫌がる傾向があると思う。基本的には。例えばYouTubeからブログにいったり、ブログからツイッターにいったり、ツイッターからブログにいったりということだが、そういうことは基本好まない。

つまりコンテンツを見にここにいるのに、なんで他所に誘導されるのという話だと思うが、体感的にわかるし自分も実際そういう行動や感覚を持ってる。

だからブログだったりの宣伝には向いていない。

音楽も基本そうだし。

そこがコンテンツの場だから。サーチエンジンとは違う。

絵とか漫画は向いてると思う。

つまり直接ツイートに載せられると、それ自体がプラットフォーム上のコンテンツたり得る、という話だと思う。

曲作りましたとかでSoundCloudとかYouTubeのリンク張ったりブログ書きましたとかでURL貼るのはやっぱり外になるので、それは宣伝という領域になってしまう。

ほんの少しの違いだが、そこが非常に大きい。

だからそういうアカウントは伸びない。

じゃあツイッターなんてストレスになるだけだし、つまんないツイッタラーの上手いこという呟きなんかどうでもいい。マーケティング的思考で制御された人間っぽい何かの日常なんてもっとみたくない。それは人というよりは、ほぼ広告だ。

人と繋がってみても文字からは本心なのか皮肉なのかのニュアンスもわからないし、変に突っ込んだ話をして迂闊に知らない人を傷つけるのも嫌だし侮辱されるのももちろん嫌だ。そもそも別にそこから友達になれるわけでもない。意味なくないか。スケール練習してた方がまだ楽しいのでは。

意味ねえなこれ。やめようぜ。SNSは意味がない。クソほどの価値もない。

まあ、それが今なんだが、もしかしてツイッターってそういうものじゃないのかなという気がしてきた。

ツイッターじゃなくてもいいんだが、その「今なにしてる?」のとこだよな。

つまりプレゼンスか。

ただ存在していることがわかる。

私が存在し、あなたが存在している。

それがプレゼンス機能。

人は人を助けないが、ただ存在しているだけでなにか救いになることが、確かにあるよね。

いやつまり、ツイッターって今なにしてる?が本質なのかなって話ですね。

だからといって、そういうコンテンツを発信せずに今何してる(飯食ったとか)を言い続けるアカウントがフォローされるとも思えないよね。

じゃあフォローされるためにSNSをやるんですか。

いや、そこだよね。そもそもなんのためのものなのか。

しいていえばプレゼンス機能かなあ。

そう考えると極論をいえば、起きてると寝てるのふたつの状態しか発信できないSNSが望ましいのでは。

今何してる?というのは、つまりそういうことだよな。

今、起きている。

寝てました。

起きました。

それはプレゼンスだな。確かに。しかし、コンテンツ性ゼロだな。

誰がそんなSNS使うの。

つまりプレゼンス自体にエンタメ性はない。

全くないな。

うーん。

もしかしてツイッターの使い道が私にもあるかなと思ったんだけど、考えるほどよくわかんなくなってきたので、もうこの話題いいや。